特殊印刷・UV印刷会社(関西・大阪府・東大阪)の株式会社エール印刷。国内でも導入例の少ない耐水性、速乾性に優れたUV印刷機(ハイデル社製
CD102菊全UV8色ストレート機)を使用。プラスティックケース成型品印刷・UV立体印刷も受けたまわります。短納期、小ロットでご提供致します!
エール印刷は、21世紀の社会に永続的な貢献と発展をめざします。
エール印刷 設備ご案内
■本社工場
ハイデルベルグ社製スピードマスター CD102 菊全判 UV
(可動式ユニットコーター付き)
8色機 1台
ハイデルベルグ社製スピードマスター CD102 菊全判 UV 7色機 1台
ハイデルベルグ社製スピードマスター CD102 菊全判 UV 6色機 1台
ハイデルベルグ社製スピードマスター XL-75 LED 6色機 1台
ポーラー断裁機 2台
Kodak Trend Setter Q800 プレートセッター 1台
FUJI FILM Acuity LED 1600 1台
スピードマスター CD102
■スピードマスター CD102

日本初搭載のUVシステムを導入。PP・PET・PVC・PC蒸着紙、パール紙など特殊原反ものに特化した菊全版8色印刷機搭載《ハイデルベルグ社製》1mmまでの厚紙に対応できるCD(Carton Diameter)機は、納期・品質と、益々高まるお客様の要求に確実にお応えできます。 さらに、デジタルネットワークを通じて社内ワークフローに統合し、納期管理も確実になりました。 ほかにも、菊全7色機が1台、菊全6色機が1台、SM74UV,5色機が1台と8色機とあわせて計4台(全てハイデルベルグ社製)が同様に24時間フル稼働しております。


ユニットコーティングシステム
■ユニットコーティングシステム

スピードマスター XL75-6
■スピードマスター XL75-6

2016年5月に導入しましたハイデルベルグ社製スピードマスターXL75-6は従来のUVシステムを変えて、次世代のLED UVシステムを搭載しています。
そのLEDに於ける乾燥機構のメリットとしては、従来のUV印刷の独特の臭いやオゾンの発生を抑制し排気ダクトが不要の為、外部周囲の環境にも寄与することが出来ます。
そしてLEDハイブリッドの使用により消費電力の低減になりCO2の排出削減を実現できました。
環境負荷の軽減を実現し社会貢献の一端を担うことにもなります。

同時に、印刷迄の前準備タイムを短縮化し仕事の効率を高め、生産性のスピード化により今までにない印刷品質の実現を可能にしました。
また、XL75-6機は小ロット、短納期の仕事を確実にこなす事の出来るマシンであり次世代の印刷未来を目指します。


サーマルCTP TRENDSETTER 800 II Quantum
■サーマルCTP TRENDSETTER 800 II Quantum

正確で安定した出力を約束するSQUAREspotサーマルイメージング技術を採用。 SQUAREspotサーマルイメージングが、他のイメージング技術にはないメリットを提供します。 環境変化による影響を受けることなく、つねにバラツキのない安定した出力を実現。 データ入稿からプレート出力、印刷まで生産工程全体で終始一貫した安定感を約束します。 すぐれた精度と安定性・一貫性を両立したSQUAREspotサーマルイメージングなら、ハーフトーンの線数やドット形状の相異で発生するドットゲインのバラツキがなく、印刷上のトラブルも解消できます。
また、SQUAREspotサーマルイメージングなら、信頼性の高い FMスクリーニングStaccatoも簡単に実現できます。 このStaccatoは、インキ供給の効率化、ハーフトーンの安定性向上、高濃度、機械的ゲインの抑制、滑らかな平網の実現、印刷工程の安定性向上など、すぐれた印刷特性があります。

SQUAREspotのシャープな品質
版上のSQUAREspotドット

SQUAREspotとRound Spot
SQUAREspot (ビームスポット=2.6x10.6μ)
2.6 x 10.6μの大きさのレーザースポットで9,600dpi相当のファストスキャンを行っており、なおかつエッジがシャープにカットされているので、2400dpiの解像度と正確に一致し切れのよい画線が得られる。
Round Spot (ビームスポット=15~20μ)
レーザースポットのエッジがシャープにカットされていないので、周辺がなだらかな傾斜のあるアンシャープな画線になってしまう。